おまとめローンは銀行と消費者金融のどちらがよい?

複数の借入を1社にまとめることによって金利の負担が軽減したり、返済管理の手間を抑えることができるのが、近年注目を集めているおまとめローンです。

 

このおまとめローンの利用を考えた時に多くの人々が悩むのが「銀行か消費者金融のどちらを利用すればよいのか」という点になります。

 

実は「銀行か消費者金融か」は、1人1人に応じてどちらが適しているかが違います。

 

まず銀行のおまとめローンは、消費者金融と比べると金利が低いという最大のメリットがあり、特に上限金利は銀行と消費者金融の間で大きな差がある場合が多いので、1本化しても融資額があまり高額にならないのであれば、銀行のおまとめローンが有利になるでしょう。

 

ですが、審査にかかる時間が長いというデメリットがあることも知っておくべきです。

 

そして消費者金融のおまとめローンは、総量規制の対象外になるというメリットがあります。

 

消費者金融の営業に対して規制をかけている「賃金業法」によると、消費者金融のカードローンやキャッシングについては年収の3分の1までしか融資を受けることが出来ない総量規制を設けています。

 

ところが、おまとめローンに関しては対象外になっていますので安心して利用できますし、銀行と比べると審査がスピーディーとになっていますから、「すぐに1本化したい」と考える人にとっておすすめです。

 

ただ、消費者金融のおまとめローンは銀行と比べると金利が高めになっているという点を覚えておく必要があります。

 

以上のように銀行には銀行の、消費者金融には消費者金融のメリットとデメリットがあります。

 

きちんと理解した上で利用する事を考えることが大切ですね。

 

おまとめローンなら全国展開しているイオン銀行が便利です

イオン銀行とは全国展開しているイオングループが運営する銀行サービスで、基本的に店舗を置いて営業するわけではなくネット経由で金融サービスを提供するのが特徴です。

 

すでにイオン銀行の口座を持っている方なら最短でその日のうちに融資されたお金を利用できることも可能なのですが、持っていない方でも簡単な手続きで済むので初めての方でも安心です。

 

店舗展開を全面に出さないことによるメリットですが、やはりそれらを維持していくだけのランニングコストというものがかなり削減できることが大きく、イオン銀行の場合そのことがローンの金利にも反映されています。

 

イオン銀行は各種ローン商品を提供していますが、おまとめローンの場合3.8%~13.5%と大変低い数字が設定されていますから、今現在複数のローンを持っている方の場合は借り換えることで毎月の返済額が軽減することが可能です。

 

融資金額も30万円から700万円までと幅広く、個人の方であれば大半の場合おまとめローンで一本化が実現できるのです。

 

おまとめローンとしての魅力はもちろん、原則使い道は自由となっているので初めてのカードローン利用の場合にも強力なカードローンとして幅広い方におすすめできるのです。

 

おまとめするなら楽天銀行!

楽天銀行

おまとめローンは銀行と消費者金融のどちらがよい?

公式サイトで堂々と「おまとめ可能!」をうたっている通り、おまとめ目的での借り入れにもっとも積極的な銀行のひとつ。


適用金利はその人の属性によって幅があるものの、確実におまとめしたい方にとってはうってつけのカードローンといえます。


楽天ユーザーなら、申込時に楽天ポイントがつくのも嬉しいところ。


例:150万円おまとめする場合

年利 月々の返済額

9.6〜14.5%

30,000円


おまとめローンは銀行と消費者金融のどちらがよい?おまとめローンは銀行と消費者金融のどちらがよい?