意外に知らないおまとめローン!自営業者は直ぐに対応が必要!

最近では、毎月の返済額を少しでも減らすためにおまとめローンといった方法が主流になっています。

 

しかしながら、おまとめローン自体も借金であることは変わりません。

 

特に自営業者の多くには毎月の資金繰りに困ったり、返済に悩むことがあります。

 

そのため、経営者自身が多くの銀行および消費者金融から融資を受けて事業運営をすることになります。

 

しかしながら、複数の金融業者から借入することは毎月の返済金額が増加することやトータル的に返済金額が増加する傾向にあります。

 

そのため、おまとめローンを選択する場合があるものの、債務者自身の信用情報が既に破産状態または多重債務状態と判断されることがあります。

 

むしろ、法律的に貸出することが出来ない個人事業者も多く、おまとめローン自体も適用できない場合が数多く存在します。

 

そのため、おまとめローンの契約どころか将来的に返済できる可能性が少ない場合は、おまとめローンよりも債務整理の方が圧倒的に債務状態を改善する事が可能となります。

 

これは借金自体が減額されるば場合や、利息の引き直しに因る返済金額の見直しが図られます。

 

個人的ぬおまとめローンを申請する場合は問題ないものの、事業主として借金返済を考慮する場合、おまとめローンを選択するべきか債務整理を選択するべきか自己判断が重要です。

 

無職でも「おまとめローン」の審査が通るってホント!?

おまとめローンとはその名の通り、複数のローンを1本化させてくれ金利や毎月の返済金額を軽くしてくれる優れもののローンのことです。

 

ですので、多重債務者の方の多くは「返済がキツくなってきたな…」と感じたらおまとめローンを視野に入れるようになります。

 

また、おまとめローンは働いていれば審査に通りやすい傾向がありますが、無職のかただとどうでしょう?

 

ネット上では「無職でも大丈夫」という声が上がっていますが、実際には次の通りになります。

 

■無職だと審査クリアは絶望的

 

少し厳しい言いかたになりますが、無職のかたは「おまとめローン」を組めないと思っていただいていいでしょう。
どのローンでもそうですが「収入のない人にはお金は貸せない」というのが当たり前ですので、無職だとおまとめローンに限らず他のローンも組めないということになります。

 

ですので、無職でおまとめローンを希望の方は、まずは「職に就く」ことを専決に考えたほうがいいですね。そうすると毎月の決まった収入も得られた上におまとめローンにて債務を1本化することが出来ます。

 

■無職でも多少の希望もあり?!

 

かなり確率は低いですが、不動産収入(アパート、マンション)を所有していて毎月固定の収入がある方だとわずかながらの希望が出てきますので、そういった方は担当者に相談してみるようにしましょう。

 

また、ここ最近だと「ネット収入」を得ているかたも大勢いらっしゃいますので、もしネットでの収入があるようでしたらその旨も伝えアピールしてみるのもいいかもしれません。

 

■まとめ

 

やはり無職だと、どのローンを組むにも難しいのが現状です。
ですので、早めに就職して一定の収入を得られてから「おまとめローン」の審査を受けることをオススメします。

 

生きてるうえで、職に就いていると他にも様々なメリットもありますからね!

 

おまとめするなら楽天銀行!

楽天銀行

意外に知らないおまとめローン!自営業者は直ぐに対応が必要!

公式サイトで堂々と「おまとめ可能!」をうたっている通り、おまとめ目的での借り入れにもっとも積極的な銀行のひとつ。


適用金利はその人の属性によって幅があるものの、確実におまとめしたい方にとってはうってつけのカードローンといえます。


楽天ユーザーなら、申込時に楽天ポイントがつくのも嬉しいところ。


例:150万円おまとめする場合

年利 月々の返済額

9.6〜14.5%

30,000円


意外に知らないおまとめローン!自営業者は直ぐに対応が必要!意外に知らないおまとめローン!自営業者は直ぐに対応が必要!