おまとめローン後の借り入れは、問題ないのか?

おまとめローンを利用して、複数の借り入れをまとめたからといって、借り入れ総額自体は減ったわけではありません。
あくまでも将来的な利息が減った、返済の手間が減ったというものです。
したがって、経済的に余裕ができたわけではありませんので、おまとめローン後の借り入れをしたい人も少なくないと思います。
利用は可能なのでしょうか。問題はないのでしょうか。

 

おまとめローン後の借り入れはできるのか?

おまとめローン後の借り入れは可能です。
おまとめローンを利用して完済した金融業者から借り入れることは可能です。
しかし、注意しなければならないことがあります。
それはおまとめローン専用のローンの場合、貸付条件として「新たに融資を受けた場合、全額返済を求める」と規定しているものもあるようです。
おまとめローン利用時には貸付条件をしっかりと確認する必要があります。

 

おまとめローン後の借り入れは問題はないのか?

法的には何の問題もありませんので、問題はありません。
しかし、倫理的には問題があると思います。
金融機関が利用者の借金を減らすことを目的として許可してくれているにも関わらず、さらに借金を増やすというのは、倫理的に問題があると思っています。
どうしても仕方がなかったという場合もあるかもしれませんが、やめておいた方が良いと個人的に考えます。

 

おまとめローンの利用時にこれだけは押さえておきたいデメリット

おまとめローンは複数の金融機関からの複数の借入を一本化する金融サービスですが、利用することができればメリットがたくさんあります。
複数のために面倒であった借入の管理が一つになりますし、金利も下がることがほとんどで、月々の返済金額も減額になるというようなメリットです。
しかし、メリットの多いおまとめローンもメリットばかりではありません。

 

それどころかおまとめローンの利用方法をしっかりと検討しないと利息額が増えて、結果的に完済するまでに余計に時間がかかってくるデメリットもあります。
メリットに月々の返済金額が少なくなることがありますが、返済金額をあまり少なくしてしまうと、返済期間が長くかかってしまうことになります。

 

少しくらいの減額であれば金利が下がった分で取り返すことができることもありますが、きちんと計算をして月々の返済金額を決めないと借入が複数あった時よりも総返済額が増えてしまうという結果になりかねません。
月々の返済金額を減らすと利息ばかり返済することになってしまい、借入の元本がなかなか減らないことになってしまうからです。

 

おまとめローンの利用には返済シュミレーションを活用しておまとめローンに利用にデメリットが出ないようにしましょう。

 

おまとめするなら楽天銀行!

楽天銀行

おまとめローン後の借り入れは問題ないのか?

公式サイトで堂々と「おまとめ可能!」をうたっている通り、おまとめ目的での借り入れにもっとも積極的な銀行のひとつ。


適用金利はその人の属性によって幅があるものの、確実におまとめしたい方にとってはうってつけのカードローンといえます。


楽天ユーザーなら、申込時に楽天ポイントがつくのも嬉しいところ。


例:150万円おまとめする場合

年利 月々の返済額

9.6〜14.5%

30,000円


おまとめローン後の借り入れは問題ないのか?おまとめローン後の借り入れは問題ないのか?