おまとめローンと借り換えローンの違いを知りたい!

複数社から借入をしている人は、毎月複数の返済に対応したり、返済のことばかりを気にしてしまうことがあるでしょう。

 

実は、この状況を解決できるおすすめのローンに「おまとめローン」や「借り換えローン」がありますが、おまとめローンと借り換えローンの違いは一体何なのでしょうか。

 

まず、おまとめローンは多重債務者の負担を軽くするために銀行が低金利で融資を行っているローンで、15%〜18%以上のカードローンや消費者金融などの貸金業者からの借入が対象になります。

 

ただ、おまとめローンで新しく借入をすることができず、基本的に返済だけですので注意しなければなりません。

 

そして借り換えローンは、現在ある借入を別の業者から借りて完済をし、その後はその業者だけに返済をしていく方法で、具体的には総返済額や毎月の返済額の減額、そして金利の上昇などのリスクをなるべく抑えることを考えて、高い金利で組んでいたカードローンなどをより低金利で組み、今までよりも良い条件のカードローンなどに借り換えることになります。

 

ちなみにこの借り換えローンは一般的に住宅ローンで利用するものであり、返済だけではなく融資枠を作って、その上限までであれば更に借入ができるという点が、複数のカードローンを1本化させる方法のおまとめローンと大きな違いになります。

 

また、おまとめローンは銀行のサービスになりますから総量規制の対象外になり、借り換えローンは他社の借入を返済するまでの期間であれば、消費者金融であっても総量規制の対象外になります。

 

おまとめローンと借り換えローンの違いについてご紹介しましたが、どちらを選択するかについては現在の自分の状況によって異なります。

 

どちらかメリットがあるのか、そしてどちらが良い条件で利用できるのかをきちんと確認した上で利用するようにしましょう。

 

便利なおまとめローン!多くある失敗例をご紹介

近年、よく目にするようになった「おまとめローン」ですが、これは多重債務者向けに用意されている借り換えローンをいい、複数の借入を1本化にすることで金利と毎月の返済の負担が軽くなるものになっています。

 

実はカードローンは2010年に「総量規制」と呼ばれる規制ができました。

 

消費者金融から借入ができる総額は年収の3分の1と決められたことにより、複数社から借入があって返済のために新規で別の金融会社に借入しようと思っても、総量規制が理由で審査に通る事ができません。

 

このような状況で悩んでいる人々を助けるために誕生したのが「おまとめローン」で、「顧客に一方的に有利な借り換え」と定められ、総量規制対象外での貸付になりました。

 

ですので、すでに総量規制の上限まで借入がある場合でも、消費者金融などからでも新たに借入ができて他社からの借入の返済に充てることができます。

 

ただ、おまとめローンはうまく利用しなければ損をしてしまう場合があります。

 

多くある失敗例をご紹介すると、まず「金利が高くなる」というケースがあり、おまとめローンを利用する際には銀行か消費者金融を利用する事になり、消費者金融では金利がおよそ15%〜18%、そして銀行であれば14%〜15%が相場になっています。

 

実は消費者金融では利息制限法によって、100万円以上の借入は上限金利を15%まで下げなければならなくなりましたが、100万円未満のおまとめについては18.0%が適用されて高金利で1本化することになります。

 

しかも、ショッピングローンやリボ払いのローン返済の場合、金利は10%〜15%ほどで借入している場合が多くなっている事から、消費者金融で1本化をするとこれまでよりも金利が高くなってしまいますし、銀行であっても同じ程度の金利か高くなる可能性があります。

 

このことから、現在の借入状況をきちんと把握して金利が高くなるならば、おまとめローンの利用はおすすめできません。

 

また、おまとめローンで金利が低くなったとしても、返済の負担を減らしてしまうと返済総額が増えて損をするケースがあります。

 

例えば3社から借入をしていて、それぞれ毎月1万円返済をしていた場合、1本化することによって毎月の返済金額を減らす事ができますが、返済負担の軽減になっても、その分支払い期間が長くなることから、支払利息が多くなって、総額で見た場合に損をしていることがあります。

 

申し込む前には、以上のようなケースがあることもしっかりと考えた上で、おまとめローンの利用を考えましょう。

 

おまとめするなら楽天銀行!

楽天銀行

おまとめローンと借り換えローンの違いを知りたい!

公式サイトで堂々と「おまとめ可能!」をうたっている通り、おまとめ目的での借り入れにもっとも積極的な銀行のひとつ。


適用金利はその人の属性によって幅があるものの、確実におまとめしたい方にとってはうってつけのカードローンといえます。


楽天ユーザーなら、申込時に楽天ポイントがつくのも嬉しいところ。


例:150万円おまとめする場合

年利 月々の返済額

9.6〜14.5%

30,000円


おまとめローンと借り換えローンの違いを知りたい!おまとめローンと借り換えローンの違いを知りたい!