夫婦それぞれの借金は、それぞれ各自で返済することが原則です

消費者金融や銀行からのキャッシングやカードローンによる借り入れ、クレジットカードのショッピング利用による返済などと色々な借金があり、返済に困っている人は多いと思います。
夫婦で同じような借金をもっていて、苦しんでいる人は少なくないと思います。
そこで考えるのが、おまとめローンによる返済ですが、その前に大原則を確認しておきましょう。

 

【夫婦であっても、各自の名義で借りた借り入れの返済義務は、各自それぞれにあります】
大原則として、各自の名義で借りた借り入れの返済義務は、各自それぞれにあります。
例えば妻には収入がない場合は、配偶者貸付を利用して、借り入れていると思いますが、この場合であっても返済義務は妻本人にあります。

 

よくテレビドラマで見かけるような夫婦であるから、どちらかが利用した借り入れは夫婦で返済しなければならないという場面を見かけますが、法的にはそのような根拠は全くありません。
もし、その片方に返済義務が発生しているとすれば、どちらかが利用する際、もう片方が連帯保証人になっている場合のみです。
しかし、法的は返済義務がなくても、夫婦であり、生計を同一しているのでは、倫理的には協力して返済していく必要があると思います。

 

夫婦それぞれの借り入れを、おまとめローンで1本化できるのか?

夫婦それぞれの借り入れの負担を減らす方法は、債務整理やおまとめローンがあります。
債務整理は今後の借り入れやクレジットカード作成に影響を与えるため、避けたいものです。
そこでおまとめローンを検討する人が多いと思いますが、おまとめローンで1本化することは可能なのでしょうか。

 

【おまとめローンで1本化することは可能か?】
おまとめローンで、夫婦それぞれの借り入れを1本化することは可能なようです。
ただし、申込みを受けた金融機関の判断によりますので、必ず1本化できるとはいえない状況です。
その理由としては、借り入れの総額を1人の借り入れよりも高額になる場合が多いためです。
高額になることで、総量規制の影響を受け、融資を実行することができないということが多々あるようです。

 

【おまとめローンでは、どのようなことに注意するべきか?】
大前提として、申し込む際は、収入が多く、その収入が安定した方の名義で申し込んでください。
返済能力が高い人が申し込むほうが、審査を通過できる確率は高くなるためです。
次に、夫婦二人とも個人信用情報機関に登録されていないことが条件です。
どちらかが個人信用情報機関に登録されていると、それだけで審査を通過することは、まず不可能なようです。

 

おまとめするなら楽天銀行!

楽天銀行

夫婦それぞれの借金を、おまとめローンで1本化することは可能か?

公式サイトで堂々と「おまとめ可能!」をうたっている通り、おまとめ目的での借り入れにもっとも積極的な銀行のひとつ。


適用金利はその人の属性によって幅があるものの、確実におまとめしたい方にとってはうってつけのカードローンといえます。


楽天ユーザーなら、申込時に楽天ポイントがつくのも嬉しいところ。


例:150万円おまとめする場合

年利 月々の返済額

9.6〜14.5%

30,000円


夫婦それぞれの借金を、おまとめローンで1本化することは可能か?夫婦それぞれの借金を、おまとめローンで1本化することは可能か?