おまとめローン以外に一本化する方法!銀行のカードローンが利用できる理由

おまとめローンを利用して複数あるローンを1本化にすることができれば、返済する金利が安くなるだけではなく、これまでの負担が減りますので返済がかなり楽になります。

 

実は、おまとめローン以外に複数の借り入れを1本化する方法に「借り換え」があります。

 

既に金利が高い状態で借り入れをしている場合、金利が低い商品を新たに利用して全額返済するということで負担を軽減させることができますが、この「借り換え」という方法で1本化するのにも銀行のカードローンが人気となっています。

 

おまとめローン以外の1本化の方法「借り換え」で銀行のカードローンが利用できる理由は、銀行が個人向け融資に積極的に参入してきたことによって低金利での借り換えが可能になったということ、そして総量規制の影響により年収の3分の1以上の借り入れが原則禁止になったということから、総量規制対象外の銀行カードローンの申し込みが増加したからです。

 

この借り換えを銀行カードローンで利用することによって低金利で借り換えることが出来るということが最大のメリットですが、実は返済や借り入れの利便性がかなり高くなっているというのも注目しなければなりません。

 

銀行カードローンの特徴は

 

・低金利、高限度額
・提携ATMの多さ

 

があり、銀行独自のATMはもちろんのこと、コンビニATMと提携していることが多いだけではなく、そのほとんどは利用手数料が無料となっています。

 

コンビニATMが無料で利用できるということは、つまり24時間365日いつでもどこでも借り入れや返済が可能ですので、利便性がかなり向上します。

 

また、消費者金融で借り換えをすると年収の3分の1以上の貸付であれば「総量規制例外貸付」として融資することになりますが、年収3分の1を超えていますので基本的に限度額内での融資ができません。

 

ところが銀行カードローンは総量規制対象外ですので、総量規制の制約を受けずにリボ契約であれば限度額内で繰り返し借り入れができます。

 

これらの点から銀行カードローンは借り換えローンにも適していると言えるでしょう。

 

おすすめしたい銀行のおまとめローンとは

複数の借入先があると、借り入れる業者によって返済日や金利は違っているので、どうしても返済計画が立てにくくなってしまうものです。

 

そういった場合には、ひとつにまとめてしまうおまとめローンに借り換えることが賢い選択となる可能性があります。
借入をひとつにまとめると返済も月に一度だけになって計画が立てやすくなるだけでなく、金利が安くなって返済総額も安くなることも考えられるのです。

 

といってもどこのおまとめローンがいいのかわからない…という方に、おすすめどころをひとつご紹介しましょう。
それは、オリックス銀行カードローンです。

 

こちらのローンはおまとめローン専用ではありませんが、融資限度最高額が800万円と高額な為、借入を一括化させる目的に向いています。
また、融資額があがるほど金利が下がるプランなため、高額になることが予想されるおまとめ目的だと現状よりも低金利が期待しやすいのです。

 

また、通常の銀行の手続きに比べて、手間の少なさが魅力です。たとえば審査も最短で即日対応してもらえますし、ネット上で申込から融資まで完結できます。
銀行でありながら、口座開設が不要なのも使いやすいメリットのひとつです。

 

契約後は提携ATMなら利用手数料は終日無料です。
そんな様々な使いやすさもあり、親近感の持てるローンとしておすすめできるのです。

 

みずほ銀行カードローンの審査はウワサ通りか

みずほ銀行カードローンなど、メガバンクのキャッシングが多くの人に利用されています。
審査が甘いと紹介されているみずほ銀行は、最短で即日にできる事があるのも審査が甘いと言われる理由の1つです。
しかし消費者金融に比べると、審査は厳しい傾向にあります。
これはみずほ銀行だけでなく、銀行カードローンなら消費者金融よりも難しいのは同じです。

 

過去の借り入れで事故歴がなくしっかりと返済をしている。
もしくはキャッシングの過去があっても完済していて、一定の収入がある人は、審査通過できてみずほ銀行の審査は甘いと感じるでしょう。
審査で重要視されるのはまず年収ですが、勤続年数に住居が一軒家なのか賃貸なのかも審査基準になります。

 

みずほ銀行カードローンは、派遣社員や風俗業の人でも借り入れができています。
上記から業種にあまり影響がない事が口コミから分かります。
雇用形態もアルバイト、パート勤務でも契約できた人がいるので、みずほ銀行は審査が甘いと感じている人がいます。

 

口コミで分かる通り、一定の収入など自分の信用情報がしっかりしているれば、みずほ銀行は契約が比較的しやすいカードローンとなります。
申し込んだ履歴は半年ほど残るので、一度申し込んでみて落ちたら、1ヶ月に他の所を何社も審査するのは避けて下さい。
多重申し込みは要注意人物になり、どのカードローンも落ちやすくなります。

 

それよりも何故落ちたのかを考えて、対策を講じることを優先しましょう。

 

おまとめするなら楽天銀行!

楽天銀行

おまとめローン以外に一本化する方法!銀行のカードローンが利用できる理由

公式サイトで堂々と「おまとめ可能!」をうたっている通り、おまとめ目的での借り入れにもっとも積極的な銀行のひとつ。


適用金利はその人の属性によって幅があるものの、確実におまとめしたい方にとってはうってつけのカードローンといえます。


楽天ユーザーなら、申込時に楽天ポイントがつくのも嬉しいところ。


例:150万円おまとめする場合

年利 月々の返済額

9.6〜14.5%

30,000円


おまとめローン以外に一本化する方法!銀行のカードローンが利用できる理由おまとめローン以外に一本化する方法!銀行のカードローンが利用できる理由

みずほ銀行カードローンの審査はウワサ通りか