総量規制対象外だから多額融資も安心、オリックス銀行のカードローン

総量規制とは、貸金業法により定められた、「年収の3分の1以上の借入を禁止する」法律のことをいいます。
ローン地獄、カード破産などという借金問題が表面化してきた時勢を受け、自身の返済能力を超える金額をむやみに借りすぎてしまわないように、法律のほうから制限を掛けたのです。

 

とはいえ、実際にやむを得ない理由で年収の3分の1以上の借入が必要となった場合にはどうしたら良いのかというと、この総量規制対象「外」のローンを利用すれば良いのです。この規制の対象となるのは、貸金業者、つまり消費者金融・信販系の金融業者に限られており、銀行はその対象外です。つまり、銀行から借りる場合には、年収がいくらかといった問題は関係がないのです。

 

オリックス銀行のカードローンはそういった意味でおすすめできる、高額融資にも対応可能な総量規制対象外のローン商品です。最大の借入限度額は800万円とカードローンの中でも高く設定されていますので、高額融資の希望にも十分対応可能です。年利は3.0%〜17.8%と設定されており、業界でも低水準が確保されています。来店不要でWEBのみで申込みの完結が可能、最短即日審査、返済時の提携ATMの手数料は無料、といった細かな点にも気配りが利いている点も使いやすさ、選ばれやすさを後押ししています。

 

多額融資が行えるカードローンをお探しの方には、ぜひおすすめしたい、そして期待に応えられるであろう商品なのです。

 

総量規制の中にも例外とされる借入がある

総量規制とは年収の3分の1以上は融資してはいけないという法律です。
融資商品や融資先によっては総量規制の対象外のものもありますが、今回は総量規制の中でも例外とされる商品について説明します。

 

現在、総量規制対象の融資が年収の3分の1利用している状態とした場合、新規で総量規制対象の融資は利用することができません。
新規の申込は融資残高が増えるので総量規制の対象になりますが、借り換えの場合、融資残高が増えることはないので、例外として借入を行うことができます。

 

借り換えとは、現在の借入金を低利な融資商品にて借り替えたり、複数の借入を一本化し金利負担を抑えたり返済期間を延ばすことにより毎月の返済額を軽減する方法です。

 

30万円利用しているローンが3本あり、各々毎月1万円返済(毎月合計3万円返済)を一本化する例を挙げます。
借入金額は合計90万円なので、90万円のローンを借り換えする条件で申込します。
審査が通り融資実行となったら、一度90万円を融資実行し同日にこれまで借入を行っていた90万円を返済します。

 

最終的に残るのは今回実行した90万円のみとなります。
融資実行時は一時的に残高が180万円となりますが同日に決済を行うことにより当初の90万円となり、融資額は増えていないことになります。
借り換えにはメリットが沢山あるので、総量規制でこれ以上借入ができないと思っていても借り換えを考えてみるとよいと思います。

 

おまとめするなら楽天銀行!

楽天銀行

総量規制対象外だから多額融資も安心、オリックス銀行のカードローン

公式サイトで堂々と「おまとめ可能!」をうたっている通り、おまとめ目的での借り入れにもっとも積極的な銀行のひとつ。


適用金利はその人の属性によって幅があるものの、確実におまとめしたい方にとってはうってつけのカードローンといえます。


楽天ユーザーなら、申込時に楽天ポイントがつくのも嬉しいところ。


例:150万円おまとめする場合

年利 月々の返済額

9.6〜14.5%

30,000円


総量規制対象外だから多額融資も安心、オリックス銀行のカードローン総量規制対象外だから多額融資も安心、オリックス銀行のカードローン