モビットのおまとめローン審査の特徴とは?

竹中直人がテレビコマーシャルで宣伝していることで有名なモビットのおまとめローンの審査ですが、他の貸金業者とは異なる点があります。
それはすべてWEBで完結するということです。
実際のどのようなものなのか確認してみましょう。

 

WEBで完結とはどういうことか?

通常の貸金業者では、本人確認のための電話連絡、ATMを利用するためのカード、契約書や利用明細などの各種郵送物がありますが、モビットの場合、すべてなしにすることができ、それをWEB完結と読んでいます。

 

WEB完結を利用するための条件とは?

WEB完結を利用するためには一定の条件を満たす必要があります。

  • 三菱東京UFJ銀行もしくは三井住友銀行に本人名義の普通預金口座がある
  • 社会保険証か組合保険証をもっている
  • 運転免許証かパスポートの写しを提出できる
  • 源泉徴収票、税額通知書、所得証明書、確定申告書、給与明細書直近2か月分のいずれかの写しを現在の収入証明書類とてい提出できる
  • 「健康保険証と給与明細書直近1か月分」の写しを勤務先の確認書類として提出できる

いずれも特別に発行してもらうような書類ではなく、一般的に持っており、すぐに提出ができる書類が対象となっています。

 

モビットのおまとめローンの審査は厳しいの?

おまとめローンといえば銀行系の企業が販売している商品が一般的ですが、消費者金融の一部でも、貸金業法にのっとったおまとめローンを販売しています。本来、消費者金融業者は、年収の3分の1以上の貸付を行うことはできませんが、おまとめローンは総量規制の例外とされているため、年収額にかかわらず販売が可能なのです。

 

おまとめローンは貸付金額が高くなる傾向にあるため、年収や勤務形態、勤続年数といった収入にまつわる条件をより厳しく見る傾向にあるとされています。

 

モビットではおまとめローンと明確にうたった商品を販売しているわけではありませんが、通常のカードローンで最大の借入限度額を800万としているので、おまとめ目的の利用にも適しています。モビットの特長はweb完結で手間なく申込から契約ができるという使いやすさにあり、正社員でなくともアルバイトでも安定した収入があると認められれば利用は可能なのも評価を得ている点です。

 

ただし、おまとめを目的とする場合には借入希望額が高額となることが多いため、返済能力が満たないとみなされ審査に落とされるという可能性は高くなります。即日融資など利便性に長けたサービスを行っているため、身近なイメージがあり審査にも通りやすそうな印象を持つかもしれませんが、「返済できるかどうか」は厳格に判断されます。

 

数年内にローンの延滞履歴があったり、別に返済中のローンがあるなどすれば、審査に通過する可能性はほぼ無くなるといって良いでしょう。

 

おまとめするなら楽天銀行!

楽天銀行

モビットのおまとめローン審査の特徴とは?

公式サイトで堂々と「おまとめ可能!」をうたっている通り、おまとめ目的での借り入れにもっとも積極的な銀行のひとつ。


適用金利はその人の属性によって幅があるものの、確実におまとめしたい方にとってはうってつけのカードローンといえます。


楽天ユーザーなら、申込時に楽天ポイントがつくのも嬉しいところ。


例:150万円おまとめする場合

年利 月々の返済額

9.6〜14.5%

30,000円


モビットのおまとめローン審査の特徴とは?モビットのおまとめローン審査の特徴とは?