融資した金額をきちんと返済するために求められる返済能力の有無は大きな審査ポイント

おまとめローンの審査で重要なポイントとなるのが「返済能力」です。
おまとめローンは一般的なキャッシングやカードローンとは異なり、すでに借金を抱えている人を対象にした特殊なローンです。

 

その為貸したお金をきちんと返済できるのかについては厳しく審査が行われ、返済能力に少しでも問題があると判断されればおまとめローンを利用することはできなくなってしまいます。
月収が20万円なのに毎月20万円以上返済しなければいけないようなローンプランは論外ですが、返済額が月収の中に収まっていたとしても生活が破綻してしまうような金額を返済し続けなければおまとめローンを完済できないようであれば返済能力に問題があるとみなされておまとめローンの審査で落とされてしまいます。

 

しかし、収入が少ないからおまとめローンの審査に落ちてしまうということはありません。
完済までの期間を長く取ることで毎月の収入に見合った返済額に抑え無理なく完済できるようなローンプランを組めば返済能力があるとみなされますし、大手企業に勤務しているなど安定した収入源のある人であれば返済能力は高く評価されおまとめローンの審査に通過しやすくなります。

 

単純な年収額だけでは返済能力は判断されません。
返済能力の判断についてはケースによって異なるので、まずは一度窓口におまとめローンを利用可能かどうか相談してみましょう。

 

一本化の対象となる借金の総額よりも借入件数のほうが大きく影響する

おまとめローンの利用に際しては債務の残額が審査で重要視されます。
債務の残額が少なければおまとめローンにおける借り換え利用金額も低くなるため返済が滞るリスクも低く見積もられ、審査は通過しやすくなります。

 

しかし、債務が少なければ審査に通過しやすいかというと必ずしもそうとはいえません。
おまとめローンの審査では債務額以上に借入件数が大きく影響するため、借金が少額であっても借入件数が多ければ審査に落ちてしまう可能性があります。

 

債務が少ないにも関わらず多くの業者から借金をしているということは、1件あたりの借入金額が低いということです。
それはすなわち金融信用度が低く1件あたりの借入限度額が低いということであり、借入件数が多ければ多いほど返済見込みが低い事の証明になっているのです。

 

同じ100万円の借金でも2社から50万円ずつ借りているのと5社から20万円ずつ借りているのでは信用度の評価に大きな差が生まれます。
借金が細分化されていればいるほどおまとめローンで借り換える際の事務手続きの手間も増えてしまいますから、審査での評価は低くなってしまいます。
借入件数が多い人はそれだけでおまとめローンの審査に落とされてしまうこともあるので注意が必要です。

 

おまとめするなら楽天銀行!

楽天銀行

どんなところをチェックされる?おまとめローンの審査ポイント

公式サイトで堂々と「おまとめ可能!」をうたっている通り、おまとめ目的での借り入れにもっとも積極的な銀行のひとつ。


適用金利はその人の属性によって幅があるものの、確実におまとめしたい方にとってはうってつけのカードローンといえます。


楽天ユーザーなら、申込時に楽天ポイントがつくのも嬉しいところ。


例:150万円おまとめする場合

年利 月々の返済額

9.6〜14.5%

30,000円


どんなところをチェックされる?おまとめローンの審査ポイントどんなところをチェックされる?おまとめローンの審査ポイント