クレジットカードの利用とおまとめローンの活用

クレジットカードは、現代人にとって現金と同じぐらい使われる決済手段です。
商業施設やオンラインショップでの買い物の支払い、公共料金など各種サービス料金の支払いなど様々な所で使われます。

 

クレジットカードは、ショッピング利用可能枠の一部を使って借入れを行う事ができ、カードローンやキャッシングと同じような使い方をすることが可能です。
金利は、他の融資サービスよりも高くなっているケースが多いですが、ショッピングにおける決済と併用する事が出来ますので、比較的便利に使えるのが利点です。
一方で、おまとめローンは、複数の業者から借入れをしている人が一括返済するのに使われる融資サービスです。
そのため、クレジットカードのキャッシングなどとは違って、利用出来る用途は限られています。

 

おまとめローンを活用したい場合には、複数の借入れを纏めるのに使うのが最適です。
銀行や消費者金融会社など色々な金融機関や金融会社がおまとめローンを提供していますので、利用を考えている人々は選択肢がいくつかあります。

 

カードローンやキャッシングと同様に金利が低い所を選ぶのがポイントであり、クレジットカードを使って複数の業者から借入れをしているのであれば、おまとめローンで返済の窓口を一つにするというのは良い手段です。

 

おまとめローン後、どうしても必要なお金を借入れる方法

おまとめローン後、急にまとまったお金が欲しくなったらどうしますか?
人生いつ何があるかわかりませんから、色々な場合に備えておくのは大切なことです。

 

おまとめローンを組んだ後も借入が出来るのか心配な方のために、こちらで簡単に説明させて頂きます。

 

結論から言えば、可能です。
しかしどの業者も大丈夫というわけではなく、受け入れてくれるところを選んで申し込む必要があります。

 

例えば銀行等で新規融資を受けようとすると、おまとめローンの全額返済を要求されてしまうケースもありますので注意して下さい。
一番手っ取り早いのは、おまとめローンにする前から使っていたカードローンでの借入です。

 

こちらはおまとめローン後も普通に使うことが出来ます。
しかし折角まとめた借入先を増やすのですから、きちんと計画を経て返済可能な金額に設定することが大事です。
さもないと自分の首を絞めることになりかねません。

 

本当に欲しい金額をよく計算してから申し込むことをお勧めします。

 

また、急ぎでないのなら時期をおいてからおまとめローン先に追加融資を申し込む方法もあります。

 

こちらの方がローンが一本化されたままになるので安全だと言えるでしょう。
いずれにしても、返済が難しいと思われた時点で審査に通りにくくなりますから、その事を念頭に考慮して下さいね。

 

おまとめするなら楽天銀行!

楽天銀行

クレジットカードの利用とおまとめローンの活用

公式サイトで堂々と「おまとめ可能!」をうたっている通り、おまとめ目的での借り入れにもっとも積極的な銀行のひとつ。


適用金利はその人の属性によって幅があるものの、確実におまとめしたい方にとってはうってつけのカードローンといえます。


楽天ユーザーなら、申込時に楽天ポイントがつくのも嬉しいところ。


例:150万円おまとめする場合

年利 月々の返済額

9.6〜14.5%

30,000円


クレジットカードの利用とおまとめローンの活用クレジットカードの利用とおまとめローンの活用