金額によって消費者金融よりも銀行のおまとめローンが有利

おまとめローンは、消費者金融で複数借入れをしている人は総量規制の問題から、他の消費者金融から借り入れを増やせずに多重債務者となるケースや総量規制対象外という事で銀行などのカードローンを複数社で契約をして返済が厳しくなるような場合などに利用をする商品になっています。
本来は総量規制の対象となっている消費者金融のキャッシングに関してもおまとめローンに関しては総量規制外になっているので、選択肢としては消費者金融か銀行などのおまとめローンを利用する事で多重債務を1本化する事になります。

 

おまとめローンを申し込む人の場合には、毎月の返済が厳しい状況というのが基本なので、最初に毎月の返済額が減るという事が重要になります。
逆に言えば毎月の返済額が減るわけですから、最終的に支払う金額は増加する事も考えられますが、延滞になってしまうよりは良いので金利面などを考慮して毎月の返済額を重視した契約先を選択する事がポイントになります。

 

消費者金融のおまとめローンの場合には、100万円以上のおまとめに関しては金利を下げていますが、100万円未満の場合には上限の金利などが適用されている事が多いので、通常の銀行のカードローンでの利率よりも高くなってしまう事が考えられます。
銀行のおまとめローンの場合には借入金の内容にもよりますが、ほぼ同程度の金利に落ち着くことが予想されるので状況によっては利用価値があると判断できます。

 

少なくとも100万円未満のおまとめを検討しているのであれば、消費者金融よりも銀行の方が金利的には有利になる事が多いので銀行のおまとめローンを選択する事になります。

 

おまとめローンを契約する時の利点と注意点

銀行でおまとめローンを契約した時の最大のメリットは月々の返済額が多少でも減らせることと、返済日が毎月1日だけで済むようになるという事だと思います。
金銭的なストレスだけでなく、精神的なストレスの軽減も期待できますので、多重債務の方はおまとめローンを検討する事が理想といえます。
しかしながら毎月の返済額を減らす代わりに多くの場合には総返済額が増えてしまいますので、そのあたりのバランスを考える事も重要になります。
おまとめローンを銀行で申し込む時に注意をしたい事は、銀行の通常のカードローンとは違いますので、できるだけ1本化にまとめられるようにする事が基本になります。

 

借り入れ額やおまとめできる額にもよりますが、1本化できない状況の場合には損をする事はあまりありませんが、手間や精神的にもあまり良いとは言えませんので、きちんと計画的に返済ができて、毎月の返済や生活が現状よりも厳しい状況にならなければ、おまとめローンの契約の価値は高くなります。
銀行のおまとめローンを利用する時には、便利性も考える事も必要になりますが、通常のカードローンをおまとめローンとして扱うタイプの商品とおまとめ専用のカードローンが商品として存在しますので事前に活用方法なども含めて契約内容を良く理解しておく必要がありますし、金利に関しても契約時に変更になっていることも考えられますので必ず事前に確認をする事が大切になります。

 

おまとめするなら楽天銀行!

楽天銀行

銀行のおまとめローンの特徴と上手な利用方法のポイント

公式サイトで堂々と「おまとめ可能!」をうたっている通り、おまとめ目的での借り入れにもっとも積極的な銀行のひとつ。


適用金利はその人の属性によって幅があるものの、確実におまとめしたい方にとってはうってつけのカードローンといえます。


楽天ユーザーなら、申込時に楽天ポイントがつくのも嬉しいところ。


例:150万円おまとめする場合

年利 月々の返済額

9.6〜14.5%

30,000円


銀行のおまとめローンの特徴と上手な利用方法のポイント銀行のおまとめローンの特徴と上手な利用方法のポイント