多重債務者でも審査に通りやすい消費者金融は存在する? 多重債務者のおまとめローン審査はここを見ている!

多重債務者とは、いろいろな金融会社からお金を借りていると言う状態となります。

 

多重債務者だからといってお金を借りれないということはなく、小規模なローンへ申し込む事で審査を通る事があります。

 

多重債務だったとしても、きちんと返済をしているならば問題はなくて総量規制の範囲内なら、また借りる事ができるということです。

 

しかし、その借金の返済を一度でも滞納してしまうと借りることはできなくなります。

 

多重債務者の人がお金をまた借りたいのならば、返済がきちんとできている事やどれぐらいの額を借りているのかなどを見られますので注意をしてください。

 

多重債務者は複数の金融機関からお金を借りていると言う状態ですから、それらの借金を一本化できるおまとめローンという金融商品が用意されていますので申込んでみるといいでしょう。

 

おまとめローンは、複数のローンをひとつにまとめて金額を大きくすることで金利が下がり、月々の返済がとても楽になります。

 

しかし、おまとめローンをするのにも審査には延滞をしていない人などを見られますから注意が必要です。

 

多重債務者は借り入れができなくなる!総量規制で借り入れはどれくらい制限される?

平成22年6月の改正賃金業法の完全施行によってローンやキャッシングなどの借り入れに関するルールが大きく変わりました。

 

この改正賃金業法は多重債務の問題を防ぐためのものでもあります。

 

賃金業者は必要な時に簡単に借り入れができるという便利な一面もありますが、複数の賃金業者から借り入れを行って自分の返済能力を超えるような借金を抱えてしまう多重債務になる場合もあります。

 

賃金業者の平均的な利用者層の家計の状況などを考えると、借り入れ総額は年収の3分の1くらいまでが返済可能な範囲で、これを超えると借金の返済が困難になる可能性があります。

 

ところが借り入れ総額に上限が定められていなかった頃、賃金業者を利用する人の中には年収の3分の1以上の借り入れをしている人もいます。

 

多重債務に陥った時、返済しきれない借金に悩んで夜逃げをしたり自殺に追い込まれた人もいました。

 

このような深刻化した多重債務の問題を防ぐために平成18年に賃金業法が改正され、平成22年6月に完全施行されたことで、ローンやキャッシングなどの借り入れルールが大きく変わりました。

 

一番のポイントは賃金業者からの借り入れ総額を規制する「総量規制」が導入されていることにあります。

 

これにより、賃金業者から借りることが出来る金額は合計で年収の3分の1以内とされて、これ以上の借り入れを行うことは出来ません。

 

もし複数の賃金業者から借りている場合であっても同様で、借り入れの合計が年収の3分の1以内となります。

 

既に賃金業者から借り入れをしている人は、借り入れ総額を確認しておく必要があります。

 

おまとめするなら楽天銀行!

楽天銀行

多重債務者のおまとめローン審査はここを見ている!

公式サイトで堂々と「おまとめ可能!」をうたっている通り、おまとめ目的での借り入れにもっとも積極的な銀行のひとつ。


適用金利はその人の属性によって幅があるものの、確実におまとめしたい方にとってはうってつけのカードローンといえます。


楽天ユーザーなら、申込時に楽天ポイントがつくのも嬉しいところ。


例:150万円おまとめする場合

年利 月々の返済額

9.6〜14.5%

30,000円


多重債務者のおまとめローン審査はここを見ている!多重債務者のおまとめローン審査はここを見ている!