消費者金融の場合は、本人確認のみで借りられることもある

金融機関にカードローンを申し込むとき、会社に在籍確認の電話があるのは嫌だと考える人は、案外多いものです。
消費者金融の通常のカードローンの場合は、職場への在籍確認の電話の代わりに、社員証や健康保険証、直近の給与明細数カ月分を提出することで、融資が実行されることもあります。

 

ですが、銀行カードローンの場合は、勤務先に在籍確認の電話をするのが一般的です。
では、おまとめローンは在籍確認なしで借りられることはあるのでしょうか。

 

おまとめローンは、銀行だけでなく、消費者金融からも借り入れることができます。
それは、おまとめローンは利用者に一方的に有利な契約なので、総量規制の対象外になるからです。

 

とはいえ、多重債務者に対して、高額な融資を行うおまとめローンは審査が厳しく、希望通りの利用限度額が設定されるとは限りません。
利用限度額は、属性と個人信用情報機関の履歴、他社の借入件数や借入総額などにより、金融機関が設定します。

 

おまとめローンは在籍確認が必須と考えておこう

銀行カードローンの場合は、300万円までは収入証明書の提出が不要とうたっているものがあります。

 

ですが、銀行カードローンは、審査の際に在籍確認の連絡があります。
そして、おまとめローンの場合は、多重債務を一本化することが目的の借り換えローンですので、貸し倒れのリスクを避けるために、金融機関は審査を厳しく行います。

 

融資額が高額なこともあり、銀行でも消費者金融でも、おまとめローンは在籍確認なしに借り入れることはできません。

 

在籍確認の際に、金融機関名を名乗るとは限らないので、必要以上に神経質になることはないでしょう。
大事なのは、おまとめローンに借り換えて、金利や月々の返済額、返済総額を減らすことです。

 

在籍確認が嫌で、複数の返済日に高い金利で支払いを続けるのか、完済を目指して借金を一本化するのか、考えたら優先順位は明白です。
消費者金融に適用される貸金業法には、第三者に債務の事実を伝えてはいけないと明記されています。
本人が電話に出ない限り、契約内容について、金融機関の担当者が説明をすることはないのです。

 

まず、自分が借り換えできるおまとめローンがあるのかを慎重にリサーチし、公式サイトにお試し診断があればそれを試して、融資してもらえる確率が高いとわかってから、おまとめローンの申し込みをしましょう。

 

おまとめするなら楽天銀行!

楽天銀行

本人確認できれば、在籍確認なしでおまとめローンは借りられるの?

公式サイトで堂々と「おまとめ可能!」をうたっている通り、おまとめ目的での借り入れにもっとも積極的な銀行のひとつ。


適用金利はその人の属性によって幅があるものの、確実におまとめしたい方にとってはうってつけのカードローンといえます。


楽天ユーザーなら、申込時に楽天ポイントがつくのも嬉しいところ。


例:150万円おまとめする場合

年利 月々の返済額

9.6〜14.5%

30,000円


本人確認できれば、在籍確認なしでおまとめローンは借りられるの?本人確認できれば、在籍確認なしでおまとめローンは借りられるの?