審査が通りやすいおまとめローンは?銀行VS消費者金融

複数社からの借り入れを1社にまとめるおまとめローン。

 

おまとめローンを利用する時というのは複数社の借り入れをまとめることになりますので、ある程度の多額の融資が必要であることから、審査がゆるいおまとめローンは一般的には存在しません。

 

厳しい審査があり、その審査を通過するためには安定収入はもちろんのこと、返済能力がきちんとあって信頼性がなければなりません。

 

このおまとめローンは消費者金融、そして銀行のいずれも取り扱っています。

 

まず銀行のおまとめローンの特徴は

 

・低金利
・消費者金融に比べて審査にかかる時間が長い
・審査が厳しい
・消費者金融にと比べて借入限度額が高額のローンが多い

 

となっており、消費者金融のおまとめローンの特徴は

 

・総量規制の対象外であるため、年収3分の1を超える借り入れが可能
・審査にかかる時間が短い
・銀行カードローンに比べて金利が高い

 

ですが、審査については銀行よりも消費者金融のほうが厳しくはなく、満20歳以上で安定収入があれば利用しやすくなっています。

 

ただし、あくまでも金融商品ですので審査に通過できなければおまとめローンを利用することができませんので、審査に通過しやすい条件、審査の通過が厳しい条件をしっかり理解しておくことが大切です。

 

おまとめローンの審査の通る条件
・1か月の間に3件を超える申し込みをしていない
・勤続年数が長い
・正社員で収入が安定している
・現在より3か月以内に遅延や延滞がない

 

最低限この条件をクリアしてから申し込むようにしましょう。

 

おまとめローンの審査に通りやすい時期があるって本当?

複数の業者から借り入れをしている人におすすめなのが「おまとめローン」です。

 

複数社からの借り入れを1本化にすることができますので、これまでの返済日の管理や金利に対する負担が軽くなることでしょう。

 

このことから最近では多くの人々が利用していますが、実はこのおまとめローンの審査は通常のローン審査よりも厳しくなっています。

 

それは、おまとめローンを利用するということは、複数社から借り入れをしていることが前提となっているということ、そしておまとめローンは低金利で高い限度額を設定している商品ですので、それを利用するとなれば当然、審査が厳しくなってしまいます。

 

ところが、このおまとめローンの審査に通りやすい時期があるということをご存知でしょうか。

 

その時期とは「年度末」になります。

 

なぜ、年度末が一番通りやすいのかと言うと、年度末は企業の売上計上や次年度の予算の確定など、銀行や消費者金融などの金融機関も契約する人が欲しい時期となります。

 

契約する人が欲しい時期なのに厳しい審査ばかりをしていては申し込む側も抵抗を感じてしまいますし、企業側が希望している「契約者を増やす」ということができませんので、企業や金融機関の締めの時期でもある年度末が一番のねらい目になります。

 

また、年度末以外にボーナスなどの臨時収入が入る期間もおすすめで、ボーナスが出るということは、多くの人々がお金に困らない時期になるということから、申し込み者の人数がかなり減る時期になります。

 

おまとめローンの申し込みにおすすめの時期があれば申し込みに向いていない時期もあり、金融機関側の繁忙期は避けたほうがよいでしょう。

 

それは、繁忙期はかなり忙しい時期で、振込や送金手続きなどに追われて新規の申し込みの対応に手が回らなくなってしまう状態になるからです。

 

審査に通りやすい時期、通りにくい時期とご紹介しましたが、だからといって個人の信用に傷を付けるような行動をすると時期など関係なく審査に通ることが厳しくなってしまいます。

 

まずは審査に通りやすい環境を作ることも必要ですね。

 

おまとめするなら楽天銀行!

楽天銀行

審査が通りやすいおまとめローンは?銀行VS消費者金融

公式サイトで堂々と「おまとめ可能!」をうたっている通り、おまとめ目的での借り入れにもっとも積極的な銀行のひとつ。


適用金利はその人の属性によって幅があるものの、確実におまとめしたい方にとってはうってつけのカードローンといえます。


楽天ユーザーなら、申込時に楽天ポイントがつくのも嬉しいところ。


例:150万円おまとめする場合

年利 月々の返済額

9.6〜14.5%

30,000円


審査が通りやすいおまとめローンは?銀行VS消費者金融審査が通りやすいおまとめローンは?銀行VS消費者金融