おまとめローンで返済シュミレーションを活用すべき理由

複数ある借入を一本にまとめるおまとめローンは複数の金融機関から借入を抱えている人にとってはかなりメリットの大きな金融商品です。

 

おまとめローンを利用する主なメリットには借入の管理の簡単になる、金利が下がる、月々の返済額を減らせるなどが考えられますが、この中でも管理の簡素化と金利が下がることについてはメリットだけしかありませんが、月々の返済額を減らせるというメリットについては、しっかりと考えないとメリットどころがデメリットになってしまうこともあります。

 

月々の返済額を減らせるということについてまず考えなければならないのはおまとめローンという金融商品は複数の借入をまとめるとだけで借入自体の減額ではないということです。

 

そう考えると月々の返済額を減らすということはおまとめローンを利用する前と比べると返済期間が大幅に伸びる可能性があるということです。

 

もちろんおまとめローンは金利が下がることが多いですから、月々の返済額の減額幅によっては返済期間が短くなることもありますが、返済シュミレーションをしっかり活用して返済期間が長くなって結局は総返済額がおまとめローンを利用する前よりも増えることは少なくとも避けるべきです。

 

おまとめローンを比較のときは月の返済額を要チェック!

今や各金融業者各社が軒並み、おまとめローンやおまとめローンとして使えるフリーローンを販売しています。おまとめローンへの借換えを検討する際に気をつけて見て欲しいのは、月々の返済額です。

 

各社のおまとめローンでは、低金利であることや月々の返済額が安く済むというアピールをしている商品が目に付きますし、一見するととても良さそうな印象をもちます。けれども返済計画の立て方によっては、借り換える前の状態よりも総支払額が高くついたりすることもあるのです。

 

月々の返済額が低ければ、当然、支払する期間は延びていきます。するとその期間分だけ利息も余分に支払わなくてはいけません。そうなるとたとえ低金利であろうとも、まとめたローンの利息を含めた返済総額のほうが高くつくという事態に陥ってしまうのです。

 

月々の返済金額が低いほうが日々の生活は楽になります。けれどもそれも行き過ぎると、かえって損をしてしまうということです。せっかくローンをまとめて返済計画を立て直そうとしているのに、このような無駄を生じさせてしまうのは、あまりにも勿体ないことです。

 

そのため、おまとめローンを比較するときには、月々の返済額の安さに気を取られることなく、あくまで総支払額に目を向けてしっかりとシミュレーションを行うことがとても重要です。

 

おまとめするなら楽天銀行!

楽天銀行

おまとめローンで返済シュミレーションを活用すべき理由

公式サイトで堂々と「おまとめ可能!」をうたっている通り、おまとめ目的での借り入れにもっとも積極的な銀行のひとつ。


適用金利はその人の属性によって幅があるものの、確実におまとめしたい方にとってはうってつけのカードローンといえます。


楽天ユーザーなら、申込時に楽天ポイントがつくのも嬉しいところ。


例:150万円おまとめする場合

年利 月々の返済額

9.6〜14.5%

30,000円


おまとめローンで返済シュミレーションを活用すべき理由おまとめローンで返済シュミレーションを活用すべき理由