銀行、信販、消費者金融。おまとめローンで一番低金利なのは?

おまとめローンを利用するのに一番大切なポイントとなるのが「金利」です。

 

このおまとめローンを選ぶ時には「どれだけ得するか」ということが大切ですので、金利の低さは外せませんね。

 

実は金利を比較すると、おまとめローンを取り扱う「銀行」「信販」「消費者金融」の中で、銀行が一番低金利となっています。

 

一番低金利の銀行のおまとめローンの特徴は、金利が低いというだけではなく、消費者金融と比べると借入限度額が高いという点があります。

 

せっかくおまとめローンを利用しても借り入れ希望額より低い金額を借り入れるというのは意味がありませんから、利用限度額が高いというのはかなり魅力的となっています。

 

ただ、銀行のおまとめローンは審査が厳しくなっており、期待して申し込んでも審査に通らない人はたくさんいますので、銀行のおまとめローンに申し込むのであれば、きちんと審査基準を満たしておくことが大切ですね。

 

もし、銀行のおまとめローンの審査に通らなかった場合には、信販系のおまとめローンがおすすめです。

 

金利の面では銀行よりも高くなりますが、信販系は銀行に引けを取らない借入限度額が設けられていて、審査は銀行よりも緩くなっています。

 

さらに信販系の審査にも通らなかった場合には、消費者金融に申し込みをしましょう。

 

「消費者金融は金利が高い」というイメージがありますが、審査基準が緩いということ、そして銀行の審査に通らなかった人が消費者金融から借り入れができたというケースは現実にたくさんいるということ、さらに即日融資に対応している消費者金融もありますので、スピーディーな対応が期待できることでしょう。

 

銀行のおまとめローンの審査は厳しいとはいえ、実際に審査に通過して利用している人はいます。

 

まずは、銀行の中でも低金利のところ、そして自分に合ったところを選ぶことが必要ですね。

 

イオンのおまとめに申し込んでみた!来店不要で完了するって本当?

イオン銀行の数は年々増えてきていますが、それでも自分の住んでいる都市にイオンがないというケースもあります。
そんな時には、イオン銀行に実際に行かなくてもおまとめローンの申請ができると本当に助かりますね。
なんとイオン銀行ではインターネット上で全ての申請に関する処理ができます。

 

自分も実際に申し込んでみましたが、最初に行ったのはインターネットのイオンのサイトで申し込みフォームに入力する事です。
入力するのは、自分の名前や誕生日などの個人情報、住所や居住環境、持ち家か借家か、住宅ローンなどの住居に関する情報などです。
加えて勤務先、借り入れの理由などの情報も入力することになります。
さらに借り入れに関する情報として、借り入れ金額、返済の期間、返済に使うイオン銀行の口座などがあります。

 

こうした情報を入力するとネットフリーローンの審査に入ります。
この審査にはだいたい1週間ほどかかります。
審査に通った場合には、ローン契約書が自宅へ送られてきます。
この書類に全て正確に情報を記入して返送したら全ての作業が終了します。
その後、自分の口座に借り入れした金額が振り込まれることになりますので、口座への入金まで一度もイオン銀行に行くことなく借り入れが完了します。

 

借り換え専用ローンって何?おまとめローンとの違いは?

ここのところ、おまとめローンを利用する人が増えてきていますが、このおまとめローンは複数の業者からの借り入れを1本化するために利用するもので、ローンの借入額はある程度まとまった金額になりますし、審査によっては借入残高の全額を借りることができない場合もあります。

 

実は、もう1つ便利なローンに「借り換え専用ローン」があります。

 

これは会社に返済を任せて借りた会社に対して返済を行います。

 

実際にきちんと審査を受けて返済する会社の変更などを終え、あらためて借り換えた1社だけに返済を行うという形になるため、自分で現金をどこかに振り込むなどの手間がかからないということ、そしてお金を借りることも出来ないという点があります。

 

さて、おまとめローンと借り換え専用ローンに違いですが、おまとめローンは複数の業者からの借り入れであるのに対し、借り換え専用ローンは金利が高い借入先から金利が低い借入先に変更するという単独の業者の変更ということになりますので、おまとめローンと比べると借り換え専用ローンのほうが自分で利息の減額分などをシュミレーションすることが簡単になっています。

 

さらにおまとめローンは、状況によって支払いの手続きや振込み手数料を軽減することができるものの、利息があまり減らないことがありますから、きちんとシュミレーションしなければおまとめをする前よりも支払額が増えてしまう可能性があるため、注意が必要です。

 

その一方で、借り換え専用ローンはそれぞれの金利を比較すればよいので、借入先を選ぶときにも簡単ですね。

 

そしておまとめローンは保証料や事務手数料を支払ったり、不動産を担保として提供し、別に登記費用が発生することがあり、利息以外に様々な手数料などの計算をする必要がありますが、借り換え専用ローンは保証料や担保が不要となっているものがあり、審査に通れば予定通りに利息を減らしていくことができる可能性が高くなります。

 

ただし、注意しなければならないのは、借り換え専用ローンが総量規制の対象外になっていないものもありますので、借り入れをする時にはきちんと確認する必要がありますし、金利が固定か変動か、そして毎月の返済額は無理がなくできるかどうかなどの計画もきちんと立てておくべきでしょう。

 

おまとめするなら楽天銀行!

楽天銀行

銀行、信販、消費者金融。おまとめローンで一番低金利なのは?

公式サイトで堂々と「おまとめ可能!」をうたっている通り、おまとめ目的での借り入れにもっとも積極的な銀行のひとつ。


適用金利はその人の属性によって幅があるものの、確実におまとめしたい方にとってはうってつけのカードローンといえます。


楽天ユーザーなら、申込時に楽天ポイントがつくのも嬉しいところ。


例:150万円おまとめする場合

年利 月々の返済額

9.6〜14.5%

30,000円


銀行、信販、消費者金融。おまとめローンで一番低金利なのは?銀行、信販、消費者金融。おまとめローンで一番低金利なのは?